HOW TO 宝塚

宝塚歌劇団花組ってどんな組?歴代トップや組のイメージについて

花組ってどんな組?

宝塚花組ってどんな組なの?

日本を代表する女性だけで構成される劇団・宝塚歌劇団は、花組・月組・雪組・星組・宙組の5組で構成されています。

その中でも花組がどんな組なのか気になっている初心者ファンの方に向けて、今回は、花組のトップスターや歴代トップの活躍から組のイメージをまとめてみたいと思います!

宝塚歌劇団花組ってどんな組?

花組は宝塚歌劇団の中では最も歴史の古い第一番目の組です。

1921年10月15日に公演数と生徒数の増加に伴い月組と2つに分かれて誕生しました。

組の名前の由来は白居易の詩に登場する自然の美しい景物を指す語である「雪月花」から来ています。

花組は「男役の宝庫」とも呼ばれ、花組の男役はその格好良さから「花男(はなおとこ)」と呼ばれたりしています。

「花男」の魅力とは、まずダンス。タンゴのキレや細やかな腰の振りはもちろん客席へのサービスも旺盛なところがファン心をくすぐります。

また「娘役さんをエスコートする紳士」というイメージもあり、とにかく娘役さんに対して優しくかっこよく接する様子が舞台はもちろん、スカイステージなどのトーク番組などからも見てとれます!

花組の男役さんはとにかく娘役さんを「可愛い」と褒めるそうです。

舞台のみならず普段から娘役さんをときめかせているからこそ、「花男」と花男に寄り添う可憐な「花娘」という構図が舞台上でしっかり浮き立ってくるのではないでしょうか!

宝塚歌劇団花組のトップスター明日海りおさんはどんな人?

現在の花組トップスターは89期生の明日海りおさん。

ダンス・歌唱力・芝居力の三拍子揃った麗しい外見のフェアリー系タカラジェンヌです。

これまで花組で蘭乃はなさん・花乃まりあさん・仙名彩世さんをトップ娘役として迎えてきましたが、2019年5月に入団6年目の華優希さんを相手役として迎え、新生花組のスター トを切りました。

明日海りおさんの魅力がわかる作品は沢山ありますが、明日海りおさんと言えば苦悩の役のお芝居に定評があるので「金色の砂漠」や「春の雪」はおすすめです。

created by Rinker
¥8,800
(2020/04/10 14:24:26時点 Amazon調べ-詳細)

CASANOVA」や「仮面のロマネスク」でのプレイボーイ役もまた魅力。

created by Rinker
¥8,800
(2020/04/10 14:24:27時点 Amazon調べ-詳細)

エリザベート」のトート役もとても印象的でした。

黄泉の帝王であるトートは、人ではない「死」という概念の表現された妖しい役柄ですが、明日海さんの人間離れした美しさと歌唱力でもって歴代トートに勝るとも劣らないトート像を作り上げました。

「エリザベート」は明日海さんの歌唱力・お芝居・ダンス・美貌すべてを堪能できる作品です!

明日海りおさんは2019年11月24日に「A Fairy Tale -青い薔薇の精-/シャルム!」千秋 楽で退団予定です。

宝塚歌劇団花組の二番手スター柚香光さんはどんな人?

二番手スターは95期生の柚香光さんで、ダイナミックなダンスと華やかなビジュアルで人気を集める男役スターです。

柚香光さんといえば「ポーの一族」のアラン役が印象的。

金髪ヘアーが柚香光さんによく似合い、アランのわがままなお坊ちゃん感がよく出ていました!

この「ポーの一族」のアランを見て柚香さんのファンになった人続出だそうです…!

柚香さんと言えばダンスに定評があり、「Sante!!」でのロケットボーイもおすすめの場面です。若手スターを引き連れ「ヒャー!」「ダー!」などと叫ぶ姿は可愛らしく、ファンの中でも話題になりました。

 

宝塚花組の歴代トップスターはどんな人がいる?

宝塚歌劇団・花組の歴代トップスターにはどんな人がいるのでしょうか? 各時代を象徴するトップスターをピックアップして紹介します!

初代の瀧川末子さんは第2期生で20年間宝塚歌劇に在籍していました。

越路吹雪さんは第 27期生で宝塚大劇場が戦争で閉館する不況の時期に花組のトップスターになり、退団後も歌の世界で活躍し、「シャンソンの女王」と呼ばれました。

安奈淳さんや榛名由梨さんは「ベルサイユのばら」ブームで一躍大人気になった花組トップスターです。

直近30年では、大浦みずきさん、安寿ミラさん、真矢みきさん、春野寿美礼さん、蘭寿とむさんなど、ダンスを得意とするスターが花組トップスターを務める機会も多くありました。

宝塚花組の組のイメージは【ダンスの花組】!

花組は「ダンスの花組」と言われるほど、ダンスに定評のある組です。

特に上記でも紹介した大浦みずきさん・安寿ミラさんがトップの時代は中堅・若手スターにもダンスを得意とする生徒が多く花組に在籍しており、ダンスナンバーはとても見ごたえのあるものでした。

現在でも、花組の群舞(大勢で踊るダンス)は「綺麗に揃っている!」とファンの間でも評判です。

特に花男の黒燕尾での群舞は、髪型や手先の角度、燕尾服のテールにまでこだわって揃えるように作っており、とても見ごたえがあります…!

「金色の砂漠」での黒燕尾はターバンを巻いて踊るエキゾチックな雰囲気の中にも男役の伝統芸が詰まっている必見の黒燕尾です!

まとめ

今回は宝塚歌劇団花組がどんな組なのか、歴代トップや「ダンスの花組」についてご紹介しました。

花組と言えばダンスが魅力ですが、歌唱力の高いスターも揃った組です。

ぜひ皆さんに花組公演を観劇して魅力を体感して頂きたいと思います。

ABOUT ME
砂山
砂山
宝塚ファン歴研20になりました。 観劇の感想や生徒の魅力、宝塚ファン初心者さんがもっと知りたいことなどを、私の知ってる限り発信していきたい! 宝塚について一緒に語ってると楽しいなコイツ!ってところを目指しています…!
宝塚を見るなら絶対にもっていった方がいいオペラグラス!

オペラグラスがあれば宝塚観劇が105倍楽しくなる!

↓↓↓今すぐチェック!↓↓↓

宝塚観劇におすすめのオペラグラス

\いつも応援ありがとうございます^^/
ブログ村ランキングに参加中~ポチ頂けると励みになります!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツイッターでは日々の宝塚ライフや幕間にリアルタイムな感想などを呟いています^^良かったらフォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください