観劇記・感想・作品考察

雪組『一夢庵風流記 前田慶次』感想

やっと観てきました前田慶次とマイドリーム。
これでえりたんもまっつも見納めかぁ~と、ちょっと感慨深い気持ちになりながらムラへ。
お二人共、花組時代彩吹さんの下にいた下級生だったので、親心ではないですけど、ついに辞めるんだなぁという感じがヒシヒシときましてね。。。

散らば花のごとく。
そうキャッチに付けられた『一夢庵風流記 前田慶次』
えりたんは見事に傾き、咲ききったなと感じました。
素晴らしかった。

話題の映像演出

まず初日開けてから何かと耳にしていた映像演出
定刻になって、なんのアナウンスもなく始まる映像演出に
客席の集中力が半端なかったっす。

客電も降りきっていないにも関わらず、会場にいたほとんどの方が松風に迫る映像に集中していました。

単なる映像演出と言うよりは
プロジェクションマッピングという感じ。

最近宝塚でも多様されつつある映像演出だけども、えりたんの剣さばきとの相乗効果でめちゃくちゃかっこよかった!

話題の松風

初日開けてから何かと話題の松風w
映像の松風が、鬣なびかせながら颯爽と駆けるもんだから
期待値上がる罠。

実物出てきた時客席は
「おおぉぉぉ!・・・お?おwwww」ってな感じ。

見た目は確かにね、足がね、ヒトっぽいもんね!

でも、その松風が舞台を駆けまわる様はほんとに豪快!
さすが松竹演劇部!片岡愛之助演じる前田慶次をブイブイ言わあせたことのある名馬!

更にえりたんが馬上で長刀振り回しながら走ると
今にも角田信朗の歌が聞こえてきそうなくらい前田慶次そのもの!

そーれそーれそれそーれそー!よっしゃあ~!

えりあゆの相性のよさ

この二人ほんとに相性いいな!
「若き日の歌は忘れじ」も「心中・恋の大和路」も良い評判は聞いていたけれど見に行けず、結局このコンビは大劇場のベルばらとシャルウィしか拝見していないけれども、どうしてガッツリやらせなかったのかと思うくらいラブシーンの相性ぴったりやないか!!!

慶次「それ以上は言ってはなりません。抑えられなくなります。」
まつ「どうぞ。」

なんやこれ、、、、
めっちゃ素敵やないかああああああああ!!!!!

その後のラブシーンもなんと幸せそうなことか!なんとエロいことか!!
そしてなんとも切ないことか!!

隣のまつせしラブシーンも大変だったけど(いろんな意味で!)
ってかおんなじシーンでされたら目が足りないよ!
大野くん!困るよ!

でも後ろ鏡にしてくれてありがとう大野くん!助かったよ!!

奥村助右衛門(チギ)も言ってたけどさ、まつと慶次って両思いなのみんな知ってるもんね。でも結ばれないの。

そりゃもう現代に生きてる僕らもみんな知ってるよ!
だからこそ切ないね。辛いね。
だから美しいんだね。

えりあゆコンビがこれで最後ってのも重なるよね。
泣くよね。。。

ちぎの姿

物静かというイメージがまるで無いチギ(ごめん)が奥村助右衛門を演じる。
もう、本人と重なる重なる!

慶次(えりたん)が前田家(雪組)から出ていき、その後も前田家(雪組)を守る助右衛門(ちぎ)。

三作という短いトップ・二番手の関係だったけども、その質量はまさに莫逆の友と呼ぶにふさわしいものだったのだろう。助右衛門が慶次に刀を向けるシーンはほんとに胸に迫るものがあった。信頼関係が滲みでてたね。

キムが去ってえりたんが来て、共に過ごした時間のない方の二番手としてどう在るかって時期には、絶対トップさんの人となりとか影響すると思うんだよね。「この人なら・・・!」っていうの?蘭寿さんみりおちゃんにも感じたけど。えりたんちぎにもきっとそういう関係性ってのがあって、えりたんも全力でチギに伝えて、ちぎも全力でそれに応えて学んで支えて・・・。

だから最後の公演で莫逆の友が、5年学年差があっても成立するお芝居がしっかりできると思うんだよなぁ。

想像だけどな!

まつせしのエロいこと

やんわり噂は聞いていたけど、
んまぁーエロいエロい。
もうはやエロいしかないw

大の愛兜

いつ見ても大ちゃんでかいなぁ…!と思ってしまう。

いや、かっこいいよ!大ちゃんかっこいい!

甲冑は頭の上に『愛』があるから余計にでかいw
でも『愛』がないと直江兼続じゃないもんな!正解!
もうちょっとお顔の見える甲冑なら良かったけどね!

猿と狸

専科よりご出演の一樹千尋さんと夏美ようさんが
まじ猿まじ狸だったね。
そりゃもう完璧な役作り、外見作りだったね。
大儀であったね!

重太夫が捨丸なら

歌劇の座談会で読んだような気がするけど、ともみんの演ってる重太夫が本来の捨丸ポジのお役ならば

なぜ「惚れ申したあああああああ!」のセリフが無いのか?

まぁ個人的に言って欲しかっただけ!期待してただけだから気にしないで!

ドラストの一枚絵が美しい

慶次が松風に乗り、登場人物勢揃いの緞帳降りる間際の見栄えが素晴らしすぎる!
あれ、雪の集合写真にしたらいいよ!あれは目に焼きつくラストシーンだ!

ざっと思いつくままに書きました。
実際大泣きだったからね。冷静に観れてないかもしんない。

あと雪の下級生ちゃんたちのことはあんま分からない上に、日本モノの見分けの付け方に慣れていないもんで誰が誰やってたのかよくわかんなかったよ。雪ファンはきっと見分けなんてお手のモンなんだろうなぁ。

長くなってきたので『My Dream TAKARAZUKA』は次の記事へ。。。

ABOUT ME
砂山
砂山
宝塚ファン歴研20になりました。 観劇の感想や生徒の魅力、宝塚ファン初心者さんがもっと知りたいことなどを、私の知ってる限り発信していきたい! 宝塚について一緒に語ってると楽しいなコイツ!ってところを目指しています…!
宝塚を見るなら絶対にもっていった方がいいオペラグラス!

オペラグラスがあれば宝塚観劇が105倍楽しくなる!

↓↓↓今すぐチェック!↓↓↓

宝塚観劇におすすめのオペラグラス

\いつも応援ありがとうございます^^/
ブログ村ランキングに参加中~ポチ頂けると励みになります!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツイッターでは日々の宝塚ライフや幕間にリアルタイムな感想などを呟いています^^良かったらフォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください