宝塚関連ニュース

雪組ルパン三世主な配役発表

さて本日、雪組大劇場公演「ルパン三世」の主な配役が発表されました・・・!
ルパン三世・・・早霧 せいな
マリー・アントワネット・・・咲妃 みゆ
*~*~*
銭形警部・・・夢乃 聖夏
峰不二子・・・大湖 せしる
カリオストロ伯爵・・・望海 風斗
石川五エ門・・・彩凪 翔
次元大介・・・彩風 咲奈

「ルパン三世」にカリオストロと言ったらこれですわな・・・!

宮崎駿監督作品であることでも有名な
ルパン三世 カリオストロの城
ロマンス要素もあって、ルパン三世作品の中では宝塚向きなのではないかと思います。
ま、私は見たことありませんがw
しかしこの作品にはマリー・アントワネットは出てこないらしい・・・。そして配役発表からこの短時間にヅカヲタの皆さんがたどり着いた答えが「首飾り事件」なわけですね・・・!
「首飾り事件」は革命を前にしたフランスで、ジャンヌという伯爵夫人が王妃マリー・アントワネットに献上するといってロアン枢機卿に160万リーブルの首飾りを王室御用達の宝石商から買わせて、それをだまし取ったという詐欺事件。(wiki要約)

このエピソードは、「ベルサイユのばら」でも人気のあるエピソードですな。ベルばらではジャンヌはロザリーのお姉ちゃんです
大和悠河主演の宙組ドラマシティ公演『「A/L」-怪盗ルパンの青春-』でも、首飾りが物語のネックになっていました。
また、クンツェリーヴァイによるミュージカル「マリーアントワネット」でもこのエピソードが重要な割合を占めているみたいです。そのミュージカルに狂言回しとしてカリオストロ伯爵が登場するのですね・・・!これは今回のルパンでもカリオストロ伯爵の占める割合はかなりのものになるのではないでしょうか・・・!
「ルパンシリーズ」「宮崎駿」「ベルばら」「ミュージカル・マリーアントワネット」をまたにかけた作品になるわけですね・・・!誰もがどこかに引っかかる話題作り、小柳先生も雪Pもなかなか策士です・・・!
しかしそうなってくると、なぜだいもんが波線(*~*~*)より下にいるのか・・・?
波線より上なら正二番手!みたいな暗黙のルールがあるけど、あくまで暗黙だけれども、やはりここは気になるところであります・・・!
ともみんの銭形警部はもはや予想通りw
せしこの不二子ちゃんはうれしいね!ただちょっと細すぎる気もするけど・・・。
次元より五右衛門の方が上級生なのは驚きでした。
でも凪翔和装似合うし、いいんじゃないかな!探偵SAGIRIを思い出してしまうけどねw
咲奈はここらで渋めの男役を会得してもらいたいね。次元自体かっこいいキャラだし、そのかっこいいキャラを男役としてどう表現するか・・・注目ですね。
来年のお正月が今から楽しみになってきましたね^^
で、で、で、
その前に、年末に、宙組の大劇場公演があるんですけども、そちらの配役はどうなっているのでしょうか?^^^^^^

ABOUT ME
砂山
砂山
宝塚ファン歴研20になりました。 観劇の感想や生徒の魅力、宝塚ファン初心者さんがもっと知りたいことなどを、私の知ってる限り発信していきたい! 宝塚について一緒に語ってると楽しいなコイツ!ってところを目指しています…!
宝塚を見るなら絶対にもっていった方がいいオペラグラス!

オペラグラスがあれば宝塚観劇が105倍楽しくなる!

↓↓↓今すぐチェック!↓↓↓

宝塚観劇におすすめのオペラグラス

\いつも応援ありがとうございます^^/
ブログ村ランキングに参加中~ポチ頂けると励みになります!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

ツイッターでは日々の宝塚ライフや幕間にリアルタイムな感想などを呟いています^^良かったらフォローお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください